学校給食

将来を担う子供達のために、学校給食から健全な食文化の育成に貢献していきます。

食育

日本人のライフスタイルの変化により、昔から親しまれていた食文化が失われつつあります。改めて日本の食糧自給率を考え、食育の発展につなげます。

TOP > 団体・活動概要

団体・活動概要

世界が注目する日本料理

今、空前のグルメブームと言われ、特に日本の料理界には世界規模で注目が集まっています。さらに、インターネットや各種メディアを通じ、食情報は氾濫し、その主導を消費者そのものがリードする時代になってきました。

その一方で、食料業界全体では「食料自給率アップへの課題」、「有機野菜・低農薬野菜に代表される安全な食材の利用ブーム」、「食品偽装問題、安全問題に端を発した企業モラルと流通の改革」、「地方の過疎化、漁業・農業人口の著しい減少・地域産業衰退」など多くの課題・問題を山積し、国を挙げての取り組みが行われています。

また、日本人のライフスタイルの変化により、今まで育まれてきた日本の食文化も失われつつある中で、世界は日本食に注目し、「美味しい国日本」の憧れ、期待はますます拡大しています。

日本の昔からを将来へ残す。子どもたちへ残す。

この中で、昔からの日本の食文化、食材、食品を再認識し、将来へ残していくこと、日本を代表する新しい「食文化」を発見、創造し広めていくこと、正しい食情報と食育で、将来を担う子ども達の健全な育成に貢献すること、そして素晴らしい日本の食文化、食産業を世界にも伝え、貢献したいと考え、当団体「超人シェフ倶楽部」を設立いたしました。

当団体は、様々なジャンルの一流シェフが自らその知識や経験を結集し、活かし、「子ども達への食育」、「地域産業の発展」、「食情報の発信」をテーマにおいて活動を行っています。
皆様、どうぞ超人シェフ倶楽部にご期待いただき、ご支援ください。

超人シェフ倶楽部とは

超人シェフ倶楽部のプロジェクト

食育推進プロジェクト おとなの食育プロジェクト 地域活性プロジェクト